アイキララでクマが消えるってホント?【種類と見分け方】

目元の悩みを改善してくれると噂のアイクリーム、アイキララ。

そんなアイキララですが、クマが消えるというのは本当なのでしょうか?

navi2

このページでは、クマが消えるという真相について詳しく解説していきます。

アイキララでクマが消える?効果の真相は?

アイキララでクマが消える?効果の真相は?

結論を言うと、アイキララでクマが消えるのは本当です。

しかし、効果が出やすいクマと出にくいクマがあるので、そのあたりを詳しくみていきましょう。

まず、クマの種類というのは3つあります。

  • 黒クマ
  • 青クマ
  • 茶クマ

それぞれの特徴と見分け方について解説します。

①「黒クマ」の特徴と見分け方

黒クマというのは、目元の皮膚がハリを失ってしまい、垂れ下がってしまうことが原因で出てくるクマです。

影のせいでクマができるので、黒っぽくなるのが特徴です。

navi2

影でできるクマなので、目元のたるみをひっぱってみて消えるなら黒クマと判断できます。

②「青クマ」の特徴と見分け方

老廃物などで目の下の血流の流れが悪くなることが原因で目立ってくるクマのことです。

目の下の皮膚が薄いので、この青クマは多くの人に影響がでます。

navi1

青クマは皮膚の下の静脈が見えているため、下のまぶたを動かしても移動しないものは青クマと判断できます。

種類③「茶クマ」の特徴と見分け方

紫外線などによって、目の下に蓄積されてしまったくすみが原因でできるクマです。

乾燥やメイクの汚れなども原因になります。

navi1

茶クマは肌への色素沈着によってできるクマなので、皮膚を引っ張ってみて動くなら茶クマと判断できます。

茶クマは効果が出にくい

茶クマは、色素沈着によってできるものです。

この色素沈着は、肌のターンオーバー時にしか外に排出されることはありません。

なので、最低でもターンオーバーにかかる1ヶ月程度は消えることはなく、効果が出るまで時間がかかるということになります。

ターンオーバーにかかる期間のイメージ

なので、茶クマは、黒クマ、青クマに比べて効果が出にくいという特徴があります。

アイキララのクマへの口コミ

アイキララのクマへの口コミ

アイキララのクマへの口コミをまとめてみました。

ok

塗り始めてから、肌に透明感が出て、クマが白くなってきました。
それにくわえて、メイクのノリもよくなりました。

ok

かなり低刺激で敏感肌の私にも合っています。
クマが目立ちにくくなり、肌がワントーン明るくなりました!

ok

目のくすみのようなクマが気になって使ってみました。
2ヶ月くらい変化がなかったのですが、2ヶ月すぎると次第に薄くなってきました。
半年使っていますが今ではほぼクマが目立たなくなっています。

茶クマについてはやはり効果が出るのは時間がかかるようですが、多くの人がクマに対して消えるという実感を持っているようですね。

アイキララでクマが消えたブログは?

アイキララでクマが消えたブログは?

クマに関するブログを調査してみたところ、次のようなものがありましたので、抜粋してみます。

完全にクマが消えたというわけではないのですが、明らかに使う前と違っています。他の人からも若返ったと言われるようになりました。クマのせいでかなり老けて見られていたんだなと改めて気づきました。さらに3ヶ月、半年と続ければもっと消えて行くと思います。

夜に塗ったところ、朝まぶたの下がぷっくりしていて、クマが消えていました。

続ければ、これが定着すると思うので続けてみます!

このように、アイキララを実際に使ったブログでもクマが消えるというのを実感している人が多いです。

 

アイキララのその他の効果を知りたい人は次の記事をご覧ください。
→アイキララが【効果なし】となってしまう理由!※変化までの期間は?

 

アイキララの最新のキャンペーン情報は公式サイトで確認してみてください。

25日間返金保証付

 

評判や口コミを中心に詳しく見たい人は次の記事をご覧ください。
→アイキララの悪い全口コミから判明【買うとガッカリする人とは?】