アイキララの正しい使い方【※間違うと大変なことに・・・】
クマなどの目元の悩みをケアできるアイクリーム、アイキララ。

ここでは、アイキララの正しい使い方をご紹介します。

 

navi1

使い方を間違うと、「効果が出ない」ということにもなりかねないのでここは良く読むようにしてください。

 

アイキララの正しい使い方

アイキララの正しい使い方

アイキララの正しい使い方には次のポイントがあります。

使い方のポイント

  • 朝晩の1日2回塗る
  • スキンケアの順番を間違わない
  • 量はつけすぎない

使い方のポイント①朝晩の1日2回塗る

アイキララは朝晩の1日2回気になるところに塗るのを推奨されています。

目元だけでなく、ほうれい線などの気になるところに塗る人も多いようです。

使い方のポイント②スキンケアの順番を間違わない

最大のポイントはこのスキンケアの順番を間違わないということです。

通常、女性であればクレンジングや化粧水、乳液などのスキンケアをする人も多いと思いますが、アイキララをどのタイミングで塗るかというのが重要なポイントです。

正しい使い方としては、次のようなステップになります。

ステップ①クレンジング

まずはクレンジングから始めます。

クレンジングすることによって、肌の汚れを取り除き、アイキララの成分が浸透しやすいようにしてあげます。

ステップ②化粧水

次に、効率よくアイキララが浸透するように、化粧水で肌を整えるようにします。

目元は軽く叩くだけで、こすらないようにしましょう。

ステップ③アイキララ

化粧水で肌を整えたらアイキララを塗ります。

まずは手の甲にのせ、目の下の乾燥やクマが気になる部分に優しく叩くようになじませていきます。

ステップ④乳液

最後に、乳液やクリームを塗ります。

乳液やクリームを最後にすることで、アイキララの成分を肌に閉じ込めることができます。

オールインワンジェルを使う場合

「オールインワンジェルを使っている場合はどうすればいいの?」

という人もいると思いますが、その場合、オールインワンジェルを最後に塗るようにしましょう。

そうしないと、オールインワンジェルがアイキララの浸透の妨げになってしまう場合があるからです。

使い方のポイント③量はつけすぎない

使い方の最後のポイントとしては量をつけすぎないということです。

たくさん浸透させるためにたくさんつけたい気持ちも分かるのですが、逆に浸透を阻害してしまう場合もあります。

少量を優しく塗るようにしましょう。

もっと実感!アイキララの効果的な使い方

もっと実感!アイキララの効果的な使い方

アイキララのさらに効果的な使い方をご紹介します。

効果的な使い方①塗る前にアイキララを温める

まず、アイキララを温めてから使うというのが効果的な使い方の1つ目です。

一度手にとり、手の温度で温めてから目元に塗るようにします。

そうすると、普通に塗るよりも格段に浸透力が増すのでおすすめです。

効果的な使い方②使う時間帯を考える

お肌のゴールデンタイムというのはPM22:00〜AM2:00と言われています。

これは、この時間に睡眠すると美容成分が効率よく浸透し、栄養が行き渡るからです。

つまり、この時間帯の直前にアイキララを塗り、しっかりとPM22:00〜AM2:00の間に寝るようにすると効果をさらに実感できるというわけです。

なので、アイキララを塗る時間帯は寝る直前、もしくはお風呂上がりをおすすめします。

 

navi2

当然、仕事などの用事でPM22:00〜AM2:00に寝れないこともあると思いますが、できる限りこの時間帯に睡眠を取ることを心がけるようにしましょう。

 

口コミや評判を知りたい人は次の記事をご覧ください。
→アイキララの評判・口コミから分かるガッカリする人とは?