発覚!アイキララの見落としがちなデメリット

気になるクマが改善できると話題のアイクリーム、アイキララ。

そんなアイキララですが、デメリットもあります。

navi1

購入を検討している人は、一度アイキララのデメリットを確認しておきましょう。

アイキララのデメリットは2つある

アイキララのデメリットは2つある

アイキララのデメリットは2つあります。

デメリット①即効性はない

まず、一つ目のデメリットとして即効性はない、ということが挙げられます。

例えば

 

「明日結婚式だからアイキララを塗ってクマを目立たなくさせよう!」

 

というような使い方はできないということです。

少なくともクマを目立たせないようにしたいのであれば2週間〜3週間程度は使用しないと思うような効果は得られず、即効性がないのがデメリットということになります。

なので、すぐにクマを消したい!というような用途で使おうと思っている人には合わない商品です。

デメリット②効きにくいクマがある

もう一つのデメリットとしては、効きにくいクマがあるということです。

どういうことかというと、アイキララで改善を期待できるクマは3種類あるのですが、「そのうち1種類は効くまでに時間がかかる」ということなんです。

アイキララで改善を期待できるのは次の3種類のクマです。

  • 青クマ
  • 黒クマ
  • 茶クマ

この中で茶クマというのが色素沈着によってできてしまったクマなので、改善するまでにターンオーバーの日数分は最低でも必要になります。

ターンオーバーは28日程度と言われているため、茶クマの改善が始まるのに1ヶ月以上はかかってしまい、目立たなくなるのに3ヶ月以上かかる可能性があります。

 

この茶クマの改善に長期間かかるというのが第二のデメリットです。

 

デメリットだけじゃない!アイキララのメリット

デメリットだけじゃない!アイキララのメリット

ここまで、アイキララのデメリットを見てきましたが、もちろんデメリットだけではありません。

次のようにメリットも多くあります。

メリット①クマが目立たなくなる

まず、第一にクマが目立たなくなるというメリットがあります。

デメリットで解説したように、即効性はありませんが時間をかけてでも確実にクマを改善したい場合はとてもおすすめです。

メリット②涙袋にハリが出る

目の下にハリが出るため、ぷっくりした涙袋ができるというメリットもあります。

涙袋はかなり印象を変えるため、かわいく見せたかったり、綺麗に見せたい人は涙袋は重要です。

メリット③保湿が続く

目元の保湿が続くというメリットもあります。

そのため、目元の乾燥に悩んでいる人にもおすすめです。

メリット④メイクがよれなくなる

アイキララは肌にハリを与えてくれるため、メイクののりがよくなります。

そのため、ヨレやすい目の周りのメイクもヨレなくなるというメリットもあります。

メリット⑤小じわが改善できる

アイキララは目元の乾燥対策にもなり、しっとりが継続します。

そのため、目元にできやすいシワも改善することができます。

navi2

アイキララはデメリットもありますが、このように多くのメリットもあります。

 

デメリットとメリットを総合的に判断して、購入するのがおすすめです。

 

アイキララの最新お得情報を知りたい人は公式サイトをご確認ください。

25日間返金保証付

アイキララの評判・口コミを詳しく知りたい場合は次の記事で確認してください。
アイキララの悪い口コミから判明【買うとガッカリする人とは?】